ことばの丘(旧:お悩み相談場)について


■ことばの丘について
「人は辛い時や悲しい時、落ち込んでいる時、誰かに話を聞いてもらうだけで楽になれる」というテーマで、このサイトの運営を始めました。現在はそのテーマに加え、「人は誰でも人を救える」というテーマも持っております。
ことばの丘では、皆さんのお悩みをお聴きし、客観的な立場から、意見など何かしらの言葉をお伝えしております。
口に出して相談する事が苦手な方であっても相談しやすいように、相談はブログメールで行っております。
周りの人には相談できない悩みがある方、周りに相談できる人がいない方、誰かの意見を聞いてみたい方など・・お悩みがある方はお話ください。
相談を考えられている方は、トップページ初めて相談される方へのページもお読みください。

■サイト名について
2016年7月に「お悩み相談場」から今の「ことばの丘」というサイト名に変更しました。
「ことばの丘」というサイト名は、悩んだり迷った時、何か言葉を求めてその丘の上に登るイメージと、
小高い丘に立ち、景色を眺めた時に、視界が開けて気持ちがスッキリするイメージを掛け合わせた名前です。
ことばの丘に登った時、皆さんの気持ちが少しでも晴れればと思っております。。
また、悩みの相談だけに縛られず、「相談に応える」以外の活動を模索する意味もあり、
「お悩み相談場」というサイト名から「ことばの丘」へ名称を変えました。

また、「言葉」というものは、必ずしも文字や声だけで表せるものではないと考えております。
この世界のあらゆるものは、言葉で全て説明できるほど単純なものではないと思いますし、
この世界を何もかも、言葉で説明し、言葉で理解しようとする必要はないと思っております。
文字や声から作られる言葉以外からも、人は様々なメッセージを受ける事が出来ると思います。
言葉では表せない感覚的なものを感じ取る事の大切さの意味も、「ことばの丘」というサイト名には込められてあります。

■ロゴ(へびのロゴ)について
へびをロゴのモチーフとした一つの理由は、私自身、へびに縁を感じる事があったためです。
白と黄色を使ったへびのロゴにしたのも、私が子供の頃、白へびと思われる、白に薄い黄色が混じった色のへびを見た事に由来します。

また、へびというのは何かと嫌われてしまう生き物で、人間から追い払われる事も多々あります。
例えば、目の前にへびが現れれば、へびが何かしたわけでもないのに、
石を投げられたり、棒でつつかれて追い払われてしまう事もあるでしょう。(実際、何度かそういう場面を見た事があります)
しかし、へびは人間に嫌われても、自分が生きる場所を求めて、颯爽と新たな地に向かって進んで行きます。
嫌われながらも、自分の生きる道を求めていくその姿というのは、力強さや畏怖すら感じさせます。
冷ややかな目を向けられながらも、それを物ともせず颯爽と自分の道を進んでいくへびの姿というのは、一人悩まれている方にとっても、一つの生き方の指針になるのではという思いもあり、へびをモチーフとしたロゴにしました。

ちなみに、このへびのロゴはグッズとしても販売しておりますので、興味のある方は是非ご覧ください。
ロゴの色によって、それぞれ込められているメッセージが違いますので、お好みのカラーをお選びください。

*この素敵なロゴは、イラストなどの制作活動をされているryoさんに制作して頂いたものです。
→ryoさんのサイトはこちらです
制作の依頼も受付けていらっしゃるとの事ですので、ロゴを見て「良いね!」と感じた方は、是非ご覧ください!

■ヘッダー画像について
ヘッダー画像(男女が描かれた絵)の絵は、「ことばの丘」というサイト名の通り、丘をイメージしたものです。
男性女性問わず、このサイトを訪れるという事で男女の絵が描かれております。
絵に描かれている羽は、言葉に見立てたものであり、悩んでいる人が言葉(羽)を受け取っている姿を表しています。
同時に、言葉(メッセージ)というものが、必ずしも文字や声だけで表せるものではない事を意味しており、
言葉(メッセージ)が、文字や声以外のものにも含まれている事を表しています。
制作者の白雪 夏さんは、男女がどこか悲しげな表情をしているのは、
悩みを抱えた人の切なさや、悩みを聞いて心を痛める人の姿を重ねたものだと、おっしゃられておりました。
また、優しさというのは痛みや悲しみも伴う事があり、
ただ優しいだけでなく、憂いの気持ちを絵に表現したかったと、おっしゃられておりました。
ちなみに、夜verの絵もあります。(ことばの丘LINEで夜verの絵を使用しております)

*優しさと哀愁をテーマにしたこの素敵な絵は、
イラストや夏夢さかみちなどの制作活動をされている、『白雪 夏』さんに制作して頂いたものです。
→白雪 夏さんのサイトはこちらです
絵を見て気になった方は、是非ご覧ください!

■その他
悩みは尽きないものですが、やはり、悩まずに生きることが最上だと私は考えています。
悩みから得られるものもありますが、余計なことで悩み、人生に影響が出るのは、誰もが望まないことだと思います。
悩んだらどうやって解決するかよりも、どうやったら悩みのない人生を送れる世の中になるのか、という事を人々は考えていくべきじゃないかと私は考えております。